忍者ブログ
611アニバーサリー企画SS。 (全てのお題は「確かに恋だった」様より)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「…何故これがここに?」
東方司令部最高司令官室の自分の机の上に置かれたものが一目見て何か察した国軍大将の階級にある彼は、自分を誰より解っている筈のそれを持ってきた副官の彼女に尋ねる。
「将軍が昔から縁談をお受けにならないのは存じておりますが、今回のお話は今までのとはわけが違います。一度目をお通し下さい」
その言葉にザッと目を通すもそのまま閉じ、薄い笑みを浮かべながらまた興味なさげに机に置いた。
「…なるほどな。だが同じだ。今までと変わらん」
「一度、試しにお考えになっても宜しいのでは?目的最優先のために避けていらっしゃるのでしたら、その目的のためにもこれから先、最も強力な人脈になります。将軍は軍での力は十分にもってらっしゃいますし、グラマン閣下も多大な信頼を寄せて下さってます。ですから、今後、必要なのは軍以外のこの国を作り上げていく力だと思います。その点…」
「その点、彼女の家なら家系は古くからの名家、しかもシンとの貿易で大成功した 貿易業界でのトップ、これから先のアメトリスにはなくてはならない存在だな。完璧なまでに申し分ない、か」
「はい。それに…」
「それに?」
「人脈だけではありません。同性の私から見てもとても魅力的な女性だと思いますし、将軍も以前お会いになった際に素晴らしい女性だと本心から褒めておられました。これ以上の御縁はそうそうあるものではないのではないですか?」
「確かにな。家柄、それによる人脈、本人に至るまで文句のつけようがない。逃したらこの先、このレベルの縁談がくる可能性は低い。私もいい歳だしな?君がそう言うのも分からんではない。だが、どんなにこれ以上ない最高の利点が揃っていようが一つの絶対条件の前では無意味だ」
「絶対条件、ですか?」
「そうだ。君であるかないか。分かりやすくていいだろう?」
「…そんなに縁談が嫌なんですか」
「それなら君は、進む道のために愛してもいない女性と家庭をもって、果たすべき目的のために不幸にしても、私がそんなことを望んでいなくとも、【公】のためには【私】は仕方ない、とそう言うわけだ」
「なっ!違います!!私はそういうつもりでは…」
緊迫した空気、かと思えば突然、目の前の男がくっくっくっと堪えていたかのように笑い出す。
「将軍っ??」
「いや、すまない。君があまり他意なく真剣だから、意地悪のひとつも言いたくなってね。言いたいことは分かってるさ。だが、それは正論にすぎないよ。私がそんな正論に収まる男だとでも?君が一番知っているだろう。いい加減、観念したまえ」
手首を掴まれ、引き寄せられると、真っ直ぐに見つめてくる黒曜石に縫いとめられる。
「わざわざ縁談を受ける必要も待つ必要もない。私の生涯の伴侶はここにいる」
「っ…一時の気の迷いに、流されてはいけません」
「嘗めるな。永久的な本気だ。なんなら誓ってもいいぞ?」
「やめて下さい、将軍。言う必要もないと思ってましたが、そんな形でなくとも私はあなたのものです。ですが、あなたが私のものにはなる必要はありません」
「私がほしいのはそんな答えではないよ。リザ。副官じゃない君の本心が聞きたい」
「他に何が言えるというのですか」
「君をずっと頑にさせていたのは私だな。分かっている。だが…今の私でも言わせてやれないか?」
少し切なげな笑みを浮かべてどこまでも真劇な漆黒が自分をとらえる。この眼差しにはもうずっと昔から弱いのだ。
「…貴方はずるいです」
「何を今更?それが君の選んだ男だろう?」
「そうですね。上司としても一人の男性としても一生付いていくと選んだ貴方です。これで宜しいですか?」
淡々と言っているがその顔が赤くなっているのが可愛くて仕方ない。
「まぁ合格点かな。では、これで改めて誓約済みだ」
彼女の左手をそっととると、証を刻むかのようにその薬指に口付けを落とした。
いつもと変わらない司令官室の窓から差し込む光に照らされながら、そこだけ神聖な儀式の場のような一瞬。彼と彼女しか知らない刹那。
「これは見えないから外すことも出来ない。君のその薬指に永久にある。覚えておきたまえ。忘れてるなと思ったらその度に口付けるからな」
口付けた部分を指しながらニヤリと笑う男が、本当に楽しそうで幸せそうな笑みを浮かべていたから。
「バカですか」
不覚にも涙ぐんでしまいそうで、いつもどおり強気な言葉を紡ぐ。
「バカで結構。ずっと欲しかった言葉をもらえたからね」
それでもきっと貴方にはお見通しで、今度は優しく唇に口付けられた。

それは二人だけの秘め事、二人だけの誓約。

Fin.


★あとがき

あーなんというか本当にすみません;同じ台詞でも大佐×中尉とは違う大将×副官たんを書きたかったのですが、形にするのはなんと難しいことか!
因にタイトルのお題の他に「薬指にくちづけを」というお題も使わせていただいてます。二人だけに分かる、二人にしか分からない、閉鎖的で絶対的な約束が好きです。萌えます。
副官たんは大将に大事にされていることは分かっているけど、自分が奥さんになるというイメージがなくて、純粋に大将のことを想ってるからこそ縁談をすすめているという感じでひとつお願いします。や、実際、画集での牛先生の萌えコメントから考えるとこんなまどろっこしいやりとりはないと思うんですけども。形にとらわれず互いが一生の伴侶であることは揺るぎなく分りあっている気がする!!コメントからの妄想はこれからいろいろと書いていきたいです。もう今、ちょっと妄想しただけでたぎってたぎって仕方ない!!!もえええええええ!!!
あと、これを叩き台としたベッタベッタでシリアスな大将縁談ネタもちゃんとした長文で書きたいなーと妄想と意欲だけはあるんですが。さてはて。

拍手

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 611 Anniversary ! All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]